BLOG
  • プログラミング全般について

プログラミングの勉強時間はどれくらい?おすすめの勉強方法についても紹介

プログラミングの勉強をする男性

これからプログラミングを学び始めようとする一般の大人の方の中には、「習得するまでにどのくらい勉強時間が必要?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

プログラミングの勉強時間の目安は、習得したいレベルによっても異なります。

そのため、最初に目的や目標を決めておくことがおすすめです。

この記事では、プログラミングの勉強時間や、おすすめの勉強方法について解説していきます。

プログラミングを習得するための勉強時間の目安

プログラミングを習得するためには、それなりの勉強時間が必要です。

しかし、どの程度のレベルを目指すかによって、必要な勉強時間は異なります。

また、全くの初心者と基礎知識がある方などで、元々身に付けている知識の違いによっても、勉強時間は大きく変わってくるでしょう。

ここからは、次の3つのレベルに到達するまでに必要な勉強時間の目安を紹介していきます。

  • 入門レベルの理解
  • 現場で使えるスキルの習得
  • 即戦力になる

入門レベルの理解に約200時間

初心者がプログラミングの勉強をして、基本的な文法を理解するなど入門レベルがわかるまでにかかる勉強時間の目安は、約200~250時間と言われています。

1日に5時間を確保した場合、習得に約40日かかる計算になります。

現場で使えるスキルの習得に約1,000時間

「プログラマとして活躍する」「システムやアプリ開発の現場で働く」という場合など、現場で使えるレベルの知識を習得するためには、約1,000時間かかると言われています。

簡単なアプリやWebサイトを作るレベルであれば、もう少し勉強時間は短くなるでしょう。

先ほどと同様に、1日に5時間勉強する時間を確保した場合でも、200日(半年~7ヶ月)必要です。

つまり、未経験の状態からプログラマに転職するためには、半年以上かかることになります。

即戦力になるには3年の業務経験が必要

プログラマやエンジニアとして即戦力になるには、実務経験が3年以上必要だと言われています。

時間に換算すると約2,700~7,000時間です。

また、未経験からの就職は、最低でも1年の業界経験が必要だと言われています。

現場で実践できるレベルに到達するためには、複数言語の習得や、実践経験を積む必要があります。

初心者の方が将来的に即戦力として活躍するためには、自分でアプリやWebサイトを作るなどの工夫をして、経験を積むことが大切です。

プログラミングを習得するために心得ておくべきポイント

プログラミングを学習して、知識を習得するためには、以下のポイントを心得ましょう。

  • プログラミングを勉強する目的を明確にする
  • プログラミングを習得するための勉強時間を確保する

それぞれ、詳しく説明します。

プログラミングを勉強する目的を明確にする

プログラミングを学習するときは、まず勉強する目的を明確にさせましょう。

プログラミングで何を作りたいのか、どのレベルまで到達したいのかによって、学習するプログラミング言語や必要な時間が変わってくるからです。

思いつきで勉強を始めるのではなく、勉強を始める前にプログラミングでやってみたいことを整理しておくと良いでしょう。

プログラミングを習得するための勉強時間を確保する

プログラミングを学習するときは、継続することが大切です。

そのためには、自分が求める知識を習得するのにどのくらいの勉強時間がかかるのか把握し、1日に何時間勉強すれば良いのか、具体的なスケジュールを立てましょう。

また、プログラマになってからも学ぶことは多くあるため、なるべく勉強する習慣をつけておきましょう。

プログラミングを効率的に勉強するための方法

プログラミングを効率良く学習するためには、大きく分けて次の3つの方法があります。

  • 参考書で学習し、コードの書き写しをする
  • Webサイトを活用する
  • プログラミング教室を利用する

ここからは、それぞれの特徴について紹介していきます。

参考書で学習し、コードの書き写しをする

手軽に取り組める本格的な学習方法として、参考書で学習した後、実際に公開されているソースコードを書き写すことが挙げられます。

参考書で学習を進めることで、基本的な理論や文法などを理解できますが、これだけではインプットしかできず、実力が身につけられません。

ソースコードを書き写すというアウトプットをすることで、正確に動くコードを理解することができます。また、プログラミングに対する理解も、より深められるでしょう。

Webサイトを活用する

次に、プログラミングの学習用サイトやアプリを活用する方法もおすすめです。

中には無料で利用できるものもあるので、気軽に学習を進められるでしょう。

また、学習サイトによっては複数のコースが用意されており、自分の目的やレベルに合ったカリキュラムを選べます。自分に合ったコースを選べば体系的に効率よく学ぶことができるでしょう。

プログラミング教室を利用する

プログラミング教室は、比較的費用がかかりますが、わからないことをすぐ講師に質問できるので、挫折しにくく着実に知識を身につけられる点が魅力です。

そのため、学習する目標を明確にして、効率的にプログラミングを学ぶならプログラミング教室を利用することがおすすめです。

ほかにも、教室に通う生徒同士でわからないことを教え合ったり、励まし合ったりできるので、モチベーションを保ちやすくなるメリットがあります。

プログラミングは子どものうちから勉強した方が良い?

プログラミング学習は大人向けのイメージが強いですが、子どものうちから勉強することもおすすめです。

子どものうちからプログラミングを学習するメリットとして、次の5つがあります。

  • 小学校のプログラミング授業の事前準備ができる
  • 今後の社会で必要な基礎教養が身につく
  • 大学入試に役立つ
  • 将来の選択肢が増える
  • 創造性などさまざまな能力が育つ

小学校からプログラミング教育が必修化しており、今後の社会では、プログラミングなどの基礎的な知識が求められるため、子どものうちから学ぶことで役に立つ場面が多いと考えられます。

さらに、大学入試(大学入学共通テスト)では今後2025年より、プログラミングを含む「情報」が新教科として出題されます。また、プログラミングを活用する職業も多く、知識を身に付けておけば将来の選択肢も広がります。

子どもがプログラミング学習すると、プログラミングの知識だけでなく論理的思考や問題解決能力、創造力などが養われる点も大きなメリットです。

子どもがプログラミングを学習したいならQUREO(キュレオ)プログラミング教室がおすすめ

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

 

お子さんに早い段階から本格的なプログラミング学習を学ばせたいと思った場合は、ぜひ「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」をご検討ください。

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2000教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

【本格的な小学生向けプログラミング教室】

プログラミングの基礎30概念

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2000教室以上もの教室が開校しており、小学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、学習が進むにつれプログラミングにおける重要な概念を学ぶことができる設計になっており、論理的に考える力もどんどん鍛えられていきます。

【ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べる】

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

【個別指導で講師のサポート付き】

プログラミングの個別指導の様子

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

【教室数日本一の小学生向けプログラミング教室

全国2,000教室以上もの教室が開校しており、東京・大阪・名古屋といった大都市はもちろん47都道府県全てに展開していますので、お近くの教室がきっと見つかります。

お近くのQUREOプログラミング教室はこちらからお探しください

【無料体験も実施中!】

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

まとめ

プログラミングの知識を習得するためには、目的や求めるレベルによって必要な勉強時間は変わってきます。

そのため、学習を始める前に目的を明確にし、必要な勉強時間を確保するようにしましょう。

また、プログラミングを勉強する方法はいくつかありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。挫折することなく最短で目標を達成するためには、プログラミング教室を利用しましょう。

なお、プログラミングは子どものうちから学んでおくこともおすすめです。

将来を見据えてお子さんに本格的なプログラミングを学ばせたい場合は、QUREO(キュレオ)プログラミング教室をぜひご検討ください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

 

記事一覧へ