BLOG
  • プログラミング教育

中学生がプログラミングを学ぶメリットとは?おすすめの学習方法なども紹介

中学校の授業では、2021年度からプログラミング教育が必修化されています。

実際に、中学生がプログラミングを学習するメリットは多いでしょう。

学校外でもプログラミングをさらに本格的に学習したい場合は、自分に合った学習方法を選ぶことが大切です。

この記事では、中学生がプログラミング学習をおこなうメリットや、おすすめの学習方法について、詳しく解説していきます。

 

中学生が受けるプログラミング教育について

中学校では、2021年度から、プログラミング教育が必修化されています。

具体的には、技術・家庭科の「技術分野」内にある「情報の技術」の単元で、プログラミングが取り扱われます。

中学校で受けるプログラミング教育の主な学習内容は、プログラミングの仕組みやネットワークの仕組み、情報セキュリティなどになっていて、小学校におけるプログラミング教育の成果を発展させた内容を学習します。

基本的に、技術科の教員が授業を担当することになりますが、まだ多くの課題を抱えていることが現状です。

具体的には、学校や教員から実際に以下のような課題が挙げられています。

  • 指導や授業の展開が難しいと感じることがある
  • 授業の資料作成などに手間がかかる
  • 指導内容の量に対して授業時間が少ない

中学生からプログラミングを学ぶメリット

中学生からプログラミングを学習する主なメリットとして、次の4つがあります。

  • 今後の社会で必要な基礎教養が身に付く
  • 大学入試のときに役立つ
  • 将来の選択肢が増える
  • 創造性などさまざまな能力が育つ

ここからは、各メリットについて詳しく紹介します。

今後の社会で必要な基礎教養が身に付く

プログラミング教育では、情報技術全般についても学習します。

情報技術は現代において、あらゆる業界の基盤になってきています。

現代において、情報技術はあらゆる業界の基盤になり、身近なところで使われています。

例えば、パソコンやスマートフォンといったICT機器の一人一台の所有や、Webサービスの利用が一般的になっています。

今後も、社会のIT化は益々加速することが予想されており、現在の中学生が大人になる頃には、情報技術・IT技術の重要度は、さらに増していると考えられます。

また、プログラミングの知識やICT機器の活用方法は、特定の業界でのみ役立つものではなく、IT化が進む社会で生きていく限り、一生役立つスキルです。

大学入試のときに役立つ

2024年度より、大学入学共通テストでプログラミングを含む「情報」が新教科として出題されることが文部科学省により決定されています。

現在中学生の方で、大学への進学を考えている方は、「情報」の勉強をすることが必須になります。

中学生の段階で、本格的にプログラミングについて学習しておけば、大学入試の際に役立つでしょう。

将来の選択肢が増える

プログラミングの知識を身に付けることで、IT業界を始めとするさまざまな企業へ就職する際に活かすことができます。

特に、IT業界で活躍するプログラマやエンジニアは、これから需要が大きく高まることが予想される業種です。

また、国内のIT人材は不足しており、今後少子高齢化の影響によって、人口が減少していくことが予測されているので、さらにIT人材の不足度合いは進むと見込まれています。

そのため、中学校におけるプログラミング教育の導入は、IT人材を増やす目的もあります。

現在では、どの業界もプログラミングを用いた商品やサービスを多く扱っているため、中学生の段階からプログラミングを学習することで、IT業界だけではなく、ほかのさまざまな業界や職種への就職に活かすことも可能です。

創造性などさまざまな能力が育つ

プログラミングを学ぶことで、プログラミングスキル以外にも次の能力を培うことができると言われています。

  • プログラミング的思考
  • 問題解決能力
  • 創造力・想像力

物事を順序立てて考えることができる「プログラミング的思考力」や、試行錯誤を繰り返してプログラムを完成させることで、「自らの力で問題を解決する力」があります。

そのほか、「どのようなプログラミングをおこなえば、思いどおりの動作ができるか」とイメージを膨らませる「創造力」を育むこともできるでしょう。

中学生がプログラミングを独学で学ぶことは可能?

中学生でプログラミングを独学で学ぶことは可能です。主な学習方法として、次の2つがあります。

  • 市販の本から情報を得る
  • 学習サイトを利用する

それぞれメリットとデメリットがあるため、特徴を押さえて自分に合った方法を選びましょう。ここからは、学習方法の特徴について紹介します。

市販の本から情報を得る

独学で学習する場合、市販の本(参考書)を使って情報を得ることができます。

参考書を使う学習方法は最も一般的であり、数千円程度で参考書を購入できるため学習を始めやすいです。

しかし、中学生にとっては難しい内容の参考書もあるため、選ぶときは参考書の難易度に注意しましょう。

難易度が高い参考書を使って学習を進めた場合、つまずいたポイントが分かりにくく、手詰まりになってしまうことがあります。

その際、自分で問題を解決できないと挫折してしまう可能性があるため、注意が必要です。

学習サイトを利用する

参考書以外にもWeb上で公開されている学習サイトを利用する方法もおすすめです。

中学生にもわかりやすく説明しているサイトも多いため、活用しやすいでしょう。

また、学習サイトの中には、無料で利用できるサイトもあり、気軽に学習を始めやすいです。

サイトによって学習コースが複数あり、自分の目的やレベルに合ったカリキュラムを選んで学習を進められるメリットもあります。自分のレベルに合った内容であれば挫折しにくく、体系的に学ぶことができます。

しかし、学習サイトを利用する場合は、ある程度の検索能力がないと適切に学習を進められない注意点があります。

学習サイトは、本のようにすべての情報が一つに網羅されていないため、自力で知りたい内容を探す必要があります。

またその際、記載されている情報が正確か、古いデータではないのかなどを判断する力も必要です。

なお、実際のプログラミング現場でも調べて書くことはよくあるため、検索能力は無駄にはなりません。調べる力も、プログラミングを学ぶと同時に、身につけられると良いでしょう。

独学が難しいと感じたらプログラミング教室も検討しよう

独学で挫折しそうになったり、難しいと感じたりした場合は、プログラミング教室の利用も検討しましょう。

プログラミング教室を利用する場合、費用が高く感じてしまう可能性もありますが、わからないことがあった際、その場で講師に質問して解決できるので、挫折しにくいメリットがあります。

また、自分の学習レベルに合った内容で学習を進められる点もメリットです。

本格的にプログラミング学習に取り組むならQUREO(キュレオ)プログラミング教室

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

 

現在、中学生のお子さんに本格的なプログラミング学習を始めさせるなら、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」をご検討ください。

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2000教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

【本格的な小学生向けプログラミング教室】

プログラミングの基礎30概念

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2000教室以上もの教室が開校しており、小中学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、学習が進むにつれプログラミングにおける重要な概念を学ぶことができる設計になっており、論理的に考える力もどんどん鍛えられていきます。

【ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べる】

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

【個別指導で講師のサポート付き】

プログラミングの個別指導の様子

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

【教室数日本一の小学生向けプログラミング教室

全国2,000教室以上もの教室が開校しており、東京・大阪・名古屋といった大都市はもちろん47都道府県全てに展開していますので、お近くの教室がきっと見つかります。

お近くのQUREOプログラミング教室はこちらからお探しください

【無料体験も実施中!】

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

まとめ

中学校では、2021年度からプログラミング教育が必修化されています。

中学生がプログラミングを学習するメリットは多くあるため、将来の選択肢を広げるためにも、本格的な学習を始めることがおすすめです。

独学で学習を進める方法もありますが、途中で挫折しそうになったり、一人では難しいと感じた場合は、プログラミング教室に通うことも検討しましょう。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」であれば、ゲーム感覚で楽しく理解を深められます。

全国の教室で実施している無料体験は以下の公式ホームページから申し込めるので、ぜひチェックしてみてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

記事一覧へ