BLOG
  • プログラミング全般について

Swiftとはどんなプログラミング言語?特徴や学ぶメリットなど紹介

SWIFT

Swiftは、比較的シンプルで書きやすいプログラミング言語として、近年注目を集めています。

オランダのソフトウェア会社TIOBEが毎年発表している「プログラミング言語ランキング」では、2022年に13位から10位まで上昇しており、これから学ぶ言語としておすすめです。

この記事では、Swiftの概要やメリットなどについて、わかりやすく紹介していきます。

また、Swiftの学習方法についても紹介するので、これからSwiftを学びたい大人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Swiftとは

Swiftは、Apple社が発表しているオープンソースのプログラミング言語です。

2014年にリリースされ、誰でも無料で使えます。

iOSやOS Xなどのアプリ作成が得意な言語であり、世界中の大学や教育機関でもカリキュラムに採用されています。

SwiftとObjective-Cの違い

Swiftが登場する前、iOSアプリを作るのには「Objective-C」という言語が使われていました。

そのため、2つのプログラミング言語の違いが知りたい方もいるでしょう。

Objective-CはC言語をベースにした言語です。歴史あるC言語がベースであることから、豊富なライブラリがあるのが強みです。

ライブラリとは、よく使うプログラムをパッケージ化したものを指します。

しかし、やや表記がわかりにくい点がObjective-Cのデメリットです。

対して、Swiftはシンプルにコードが書けます。さらに、既存のObjective-Cコードにも組込できるので、併用することも可能です。

Swiftのメリット

Swiftは、比較的新しい言語であることもあり、既存のプログラミング言語の欠点をカバーするように作られています。

以下、Swiftのメリットとして挙げられるものです。

  • コードがシンプルだから初心者でも学びやすい
  • 動作確認がリアルタイムでできる
  • 実行スピードが速い
  • 不具合が起こりにくい

それぞれ、詳しく解説していきます。

コードがシンプルだから初心者でも学びやすい

Swiftは、コードをシンプルに書けるように開発された言語です。そのため、初心者でも学びやすい言語になります。

例えばSwiftでは、プログラミング言語を書くときに必要とされることの多い、文末のセミコロンが必要ありません。

また、そもそも記載する内容が少なかったり、型を指定しなくても推測してくれたりするので、ミスやエラーが起こりにくくなっています。

動作確認がリアルタイムでできる

プログラミング言語のなかには、完成するまで動作チェックができないものもあります。

Swiftの場合、XcodeにあるPlaygroundという機能を使えば、プログラミングの途中でも、動作をチェックできます。

そのため、効率よく開発を進められる点もメリットです。

実行スピードが速い

Swiftを使ったアプリは、実行スピードが速いというメリットがあります。

Objective-Cより最大2.6倍、Python2.7よりも最大8.4倍も速いスピードで完了できるというデータもあります。

処理速度が速いので、ユーザビリティの観点からもおすすめできる言語です。

不具合が起こりにくい

Swiftには、変数を空にするとエラーになったり、安全でないコードは排除するなど、不具合が起こりにくい特徴があります。

そのため、安定して稼働できる点がメリットです。

Swiftでできること

Swiftでできることは、主に以下の2つです。

  • iOSアプリ作成
  • Webアプリやサービスの開発

それぞれ、具体的に紹介します。

iOSアプリ作成

SwiftはApple社がリリースしていることもあり、iOSアプリの作成に強いです。

例えば、LinkedInやDuolingoなども、Swiftで開発されています。

また、Apple Watchなど周辺デバイスのアプリ開発もできます。

Webアプリやサービスの開発

Swiftは、Apple製品以外のWebアプリケーション開発もできます。

SCADEというクロスプラットフォームを用いることで、Swift単体ではできなかったAndroid系アプリやWebアプリの開発も可能になりました。

SCADEの一部機能は無料で使えるため、Swiftでできることは広がっています。

初心者が独学でSwiftを学ぶ方法はある?

初心者が独学でSwiftを学ぶ方法として、以下の2つがあります。

  • 市販の本
  • 学習サイト

それぞれメリット・デメリットを紹介します。

市販の本から情報を得る

Swift関係の書籍は、数千円程度で購入できるものが多くあります。初期投資が少なく学び始められるのがメリットです。

ただし、書籍を読んでいるだけでは知識は身につきません。プログラミング言語の学習全般に言えることですが、実際に手を動かす必要があります。

本を参考にした学習の場合、実際にコードを書いてみたときに出てきた疑問点を解消するのが難しい点に、注意が必要です。

学習サイトを利用する

無料の学習サイトのなかにも、Swiftを学べるものがあります。

費用をかけず学習が始められるので、自分に向いているかどうか試してみるにも良いでしょう。

ただし、学習サイトの内容は網羅的ではないことがあるため、学習を深めるにはある程度の検索能力が必要になります。

なお、プログラミング現場でも知らないコードを調べて書くことはよくあるため、検索能力を身につけておくことはおすすめです。

Swiftを効率よく学びたいならプログラミング教室がおすすめ

Swiftは比較的新しい言語であり、まだまだ進歩が続いています。

そのため、少し古い情報だと現状に即していないこともあるのが学習上の注意点です。

最新の情報を得るためにも、Swiftはプログラミング教室で学ぶことがおすすめです。

プログラミングスクールでは、カリキュラムに沿って学ぶことで効率的に身につくような仕組みが整っています。また、最新情報を学校側が抑えてくれるので、古い情報に惑わされる心配もありません。

独学に比べると費用は高くなってしまいますが、講師のサポートがあり、その場で疑問点を質問して解決できる点が魅力的です。

また、生徒同士でコミュニケーションを取りながら勉強できるため、挫折しにくい可能性もあります。

将来Swiftを学ぶなら子どものうちからプログラミングの基礎を身につけよう

Swiftを今後学ぶなら、子どものうちからプログラミングの基礎を身につけておくことがおすすめです。

基礎が身についていることで、難易度が高いプログラミング言語でも、学ぶときの習熟が早くなる可能性があります。

また、幼いうちからプログラミング学習を始めることによって、以下のようなメリットもあります。

  • 小学校のプログラミング授業の事前準備ができる
  • 大学入試に役立つ
  • 今後の社会で必要な基礎教養が身につく
  • 将来の選択肢が増える
  • 創造性などさまざまな能力が育つ

小学校では、2020年度からプログラミングが必修化し、2024年度には、大学入学共通テストでプログラミングを含む「情報」が新教科として追加されることが決まっています。

早めにプログラミングを学ぶことで、今後、授業や大学入試の際に役に立つでしょう。

また、社会でもIT人材の需要が増えているため、これからの社会を生き抜く基礎教養として、プログラミングの知識を身につけておくことは大切です。

現代では、プログラミングスキルが求められているのはIT業界に限りません。さまざまな業界でWebサービスやインターネットが活用されています。プログラミングやITの知識は、IT業界以外のさまざまな業界で役に立つので、将来の選択肢を増やすことができます。

さらに、プログラミングを学ぶなかで、物事を順序立てて考えることができる「プログラミング的思考力」や、試行錯誤を繰り返してプログラムを完成させることで、「自らの力で問題を解決する力」を身につけられると言われています。

そのほか、「どのようなプログラミングをおこなえば、思いどおりの動作ができるか」などのイメージを膨らませる「創造力」を育むこともできるでしょう。

子どもが本格的にプログラミングを学ぶなら「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

 

お子さんに本格的なプログラミング学習を始めさせるなら、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」をご検討ください。

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2,500教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

【本格的な小学生向けプログラミング教室】

プログラミングの基礎30概念

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、小学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、学習が進むにつれプログラミングにおける重要な概念を学ぶことができる設計になっており、論理的に考える力もどんどん鍛えられていきます。

【ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べる】

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

【個別指導で講師のサポート付き】

プログラミングの個別指導の様子

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

【教室数日本一の小学生向けプログラミング教室

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、東京・大阪・名古屋といった大都市はもちろん47都道府県全てに展開していますので、お近くの教室がきっと見つかります。

お近くのQUREOプログラミング教室はこちらからお探しください

【無料体験も実施中!】

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

まとめ

Swiftは学びやすく使いやすい言語であり、注目度は高いです。Webアプリ開発もできるように進化しているため、学ぶ価値があるでしょう。

ただし、独学では挫折しやすい可能性があるので、Swiftを学習するならプログラミング教室を利用するといいでしょう。

また、お子さんが将来Swiftを習得したい場合は、なるべく小さいうちからプログラミングの基礎を身につけておくことが大切です。

お子さんにプログラミングの基礎を身につけるなら、プログラミング教室の利用を検討してみましょう。「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」であれば、お子さんでもゲーム感覚で楽しく理解を深められます。

全国の教室で実施している無料体験は、以下の公式ホームページからお申し込いただけます。ぜひ一度、チェックしてみてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

記事一覧へ