BLOG
  • プログラミング教育

オルタナティブ教育とは?特徴や事例・メリットなどわかりやすく解説

「オルタナティブ教育」は、子どもの個性を活かす新しい教育方法として注目を集めています。

日本にも「オルタナティブスクール」があり、子どもの進学先として検討している保護者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「オルタナティブ教育」の特徴や一般教育との違いについて紹介します。

また、「オルタナティブ教育」のメリット、デメリットもわかりやすく解説します。

オルタナティブ教育の特徴

オルタナティブ教育は、「独自の教育理念を掲げ、子どもの個性を活かした教育」「多様性を重視した教育」を指します。

学校教育法第一条で定められている学校以外の学びの場であり、主体性や自律性を尊重しているという特徴を持ちます。

もともとオルタナティブ教育は、アメリカやヨーロッパの哲学的思想をもとに発展してきました。

また、日本でも、独自の方針を打ち出して運営するオルタナティブスクールが増えてきています。

オルタナティブ教育は一般教育などと何が違う?

具体的に「オルタナティブ教育」は、ほかの教育方法とどのような点が異なるのでしょうか。

ここからは、一般教育やフリースクールとの違いについて解説します。

文部科学省管轄の一般教育との違い

文部科学省が管轄している一般教育とは、教育の思想が異なるため、運営制度や教育方針に違いがあります。

「学校教育法」で示されている教育施設は「一条校」と言われます。具体的には以下のような学校が一条校に当てはまります。

  • 幼稚園
  • 小学校
  • 中学校
  • 高等学校
  • 中等教育学校
  • 特別支援学校
  • 大学(短期大学、大学院)
  • 高等専門学校

一条校では、文部科学省のルールをもとに目的や学習内容が定められています。一方で、オルタナティブスクールは、文部科学省の規定にとらわれず、独自の理念と教育方針によって教育がおこなわれているのが特徴です。

オルタナティブスクールの場合、通常小学校・中学校・高等学校での卒業資格を得られないところも多いです。

一部では卒業資格が手に入るものの、ほとんどは国が認めた「学校」という部類に当てはまらないため、法的な資格が得られません。

フリースクールとの違い

フリースクールは本来、オルタナティブスクールの中に含まれると言えるでしょう。

どちらも、その施設の学び方や理念に共感した人が集まる点は共通しているようです。

しかし、フリースクールには不登校・引きこもりになった子どもたちが過ごす場所の意味合いが強い傾向にあります。

一方で、オルタナティブスクールは、学校が合わないという理由だけではなく、独自の教育理念や運営制度に共感し、そこで学びたい子どもたちが集まってくる場所を指すことが多いようです。

日本でのオルタナティブ教育の事例

オルタナティブスクールは独自の方針をとっているため、通うところによってその特徴は大きく異なります。

例えば、オルタナティブスクールには、学年を設けていないところもあります。

年齢の異なる生徒が1クラスに集まっており、年下の子は上の子達を見習いながら学んでいきます。

反対に、年上の子どもたちは下の子たちの模範になり、面倒を見ることでも成長していきます。

また、オルタナティブスクールには、時間割がないところも多いです。「午前・午後」という大きな括りだけが存在し、休憩時間を自分で選べます。

勉強する内容も定められておらず、毎日自分が学びたい教科を好きなだけ学習できるようです。

先生たちは勉強をしていて疑問を持ったときに質問を受けたり、アドバイスをしたりして子どもたちをサポートします。

子どもたちの自主性や主体性に任せる部分が多く、自分のペースで学習を深められるのが特徴と言えそうです。

オルタナティブ教育のメリット

オルタナティブ教育を受けるメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 自主性が身につく
  • 子どもの個性を伸ばせる
  • コミュニケーション力を養える

自主性が身につく

オルタナティブ教育では、子どもがやりたいことを選び、学ぶことを決めていくので、自主性が身につきます。

通常の学校授業のようにやるべき内容が決まっており、座学で講義を受けるだけではありません。

興味に合わせて学びを深められる環境が整っているので、お子さんに積極的に学ぶ姿勢を身につけてほしい場合にもおすすめです。

子どもの個性を伸ばせる

オルタナティブ教育では、子どもの個性も伸ばしやすくなっています。芸術に特化しているなど、力を入れて学べる内容は施設によって異なるためです。

また、時間割にとらわれず、興味があることに積極的に取り組める環境が整っているので、子ども一人ひとりの特性を活かしやすくなります。

コミュニケーション力を養える

学年の異なる子どもと一緒に時間を過ごすスクールが多いので、コミュニケーション能力が養われるでしょう。

異なる年齢の子どもたちが交わったり、子どもたちが中心になってやることを決めたりするためです。

体験型の学習も多く、周りと積極的に交流するのも特色でしょう。

オルタナティブ教育のデメリット

オルタナティブ教育には、以下のようなデメリットもあります。

  • 公立の学校より学費が高い傾向にある
  • オルタナティブスクールなら選択肢が限られる
  • 卒業資格が得られない場合がある

ここでは、代表的なものをいくつか紹介します。

公立の学校より学費が高い傾向にある

オルタナティブスクールは、公立の学校に比べると学費が高い傾向にあります。

国からの補助が少なく、スクールごとに独自で運営しているのが主な理由として挙げられます。

私立の学校程度、もしくはそれ以上の費用がかかることは覚悟しておきましょう。

オルタナティブスクールなら選択肢が限られる

オルタナティブスクールの数は地域によって差があるものの、通常の学校教育を受けられる私立に比べるとまだまだ少ないのが現状です。

通学できる距離の中で選ぶとなると、選択肢は限られます。そのため、住んでいる地域によってはそもそも利用できないケースもあり得ます。

卒業資格が得られない場合がある

オルタナティブスクールは私立学校としての認可を受けていないところも多く、認可されていないスクールに通う場合、卒業資格が得られません。

そのため、卒業資格を取得したい場合は、地元校で卒業資格を得るなどの方法を検討する必要があるでしょう。

オルタナティブ教育がおすすめのケース

家庭での教育方針にこだわりがあり、その方針に合うところを見つけられた場合、オルタナティブ教育を受ける選択肢も出てくるでしょう。

とくに、以下に当てはまる場合に、オルタナティブ教育はおすすめです。

  • 自主性を高めたい
  • 個性を伸ばしたい
  • 公立の学校に通うのが負担に感じている

お子さんの個性を生かした教育を受けさせたい場合や、体調上の理由や環境に適応するのが難しいといった理由がある場合にも向いています。

将来に活きる知識を養うなら「プログラミング教室」もおすすめ

子どもの自主性や想像力は伸ばしたいものの、卒業資格を得られない等の観点から、オルタナティブスクールに通わせるのを躊躇している保護者の方もいるでしょう。

もし、お子さんの個性を伸ばし、自ら勉強する力を身につけさせたいと考えるなら、プログラミング教室を活用する方法も一つの選択肢としてあります。

プログラミングを学ぶことで、論理的思考力や想像力が養われ、自ら作りたいものを考えていく自主性も身につくでしょう。

そのほか、プログラミング学習には以下のようなメリットがあります。

  • 学校で必修化されているプログラミング授業に向けて準備ができる
  • 今後の社会で必要な基礎教養が身につく
  • 大学入学共通テストに役立つ
  • 将来の選択肢が増える

ぜひ、お子さんの個性や自主性を養うための一つの方法として、検討してみてください。

一人ひとりに合わせた個別指導のQUREO(キュレオ)プログラミング教室

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

お子さんに本格的なプログラミング学習を始めさせるなら、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」をご検討ください。

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2,500教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

【本格的な小学生向けプログラミング教室】

プログラミングの基礎30概念

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、小学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、学習が進むにつれプログラミングにおける重要な概念を学ぶことができる設計になっており、論理的に考える力もどんどん鍛えられていきます。

【ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べる】

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

【個別指導で講師のサポート付き】

プログラミングの個別指導の様子

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

【教室数日本一の小学生向けプログラミング教室

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、東京・大阪・名古屋といった大都市はもちろん47都道府県全てに展開していますので、お近くの教室がきっと見つかります。

お近くのQUREOプログラミング教室はこちらからお探しください

【無料体験も実施中!】

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

まとめ

オルタナティブ教育では、子どもの個性・自主性を伸ばせる可能性があります。

ただし、日本ではまだスクール数は少なく、認可を受けていないところも多いのが実情です。国内のスクールに通いたい場合は、メリットデメリットを比較して検討する必要があります。

もし、卒業資格を得るために学校に通いつつ、子どもの自主性も伸ばしたいと考えるなら、プログラミングスクールの活用を検討することも一つの方法です。

プログラミングでは、作りたいものを考える想像力や、論理的思考力が育まれます。制作物を通して個性もしっかりと発揮できるでしょう。

お子さんのペースで、個性を伸ばしながら、本格的な知識を学べる教室をお探しの方は「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」がおすすめです。

全国の教室で実施している無料体験は以下の公式ホームページから申し込めるので、ぜひチェックしてみてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

記事一覧へ