BLOG
  • プログラミング教育

プログラミング教室の需要について紹介!人気の理由や選び方のポイントなどの解説も

近年では、大人と子どもともに、プログラミング教室の需要が高まっています。

なぜ、現在プログラミング教室の需要が高まっているのか、疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

この記事では、お子さんをプログラミング教室に通わせるか検討している保護者の方に向けて、プログラミング教室の需要が高まっている理由を解説します。

また、スクールの選び方についても解説していきます。

プログラミング教室の需要は年々伸びている

子ども向けプログラミング教育市場規模は、年々増加している傾向にあります。

「コエテコ byGMO」と「船井総合研究所」の「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」によると、2018年には90億7,100万円であったのが、2020年には139億9,600万円になりました。さらに、2025年にはその2.1倍の292億2,600万円になる見込みです。

また、イー・ラーニング研究所の「2020年子どもの年末年始に関する調査アンケート」では、「子どもにさせたい習い事ランキング」1位の英会話教室に続き、プログラミング教室が2位という結果も出ています。

また、大人を対象とした調査では、2018年に総務省より発表された「ICTによるインクルージョンの実現に関する調査研究」でも、業務外で学び直しが必要になる内容として「情報通信分野に関すること」が2位でした。

このように子ども、大人ともにブログラミングを学ぶ必要性を感じており、需要は年々伸びていると言えます。

プログラミング教室の需要が高まっている2つの背景

プログラミングに注目が集まり、教室への需要が高まっている背景には2つの理由があります。

  • プログラミング教育の必修化
  • IT人材の慢性的な不足

プログラミング教育の必修化

文部科学省による「学習指導要領」の改定に伴い、学校でプログラミング教育が必修化および拡充されました。

それぞれ以下の時期よりカリキュラムが変更されています。

  • 小学校:2020年度(プログラミング教育が必修化)
  • 中学校:2021年度(技術・家庭科のプログラミングに関する内容が倍増)
  • 高等学校:2022年度(科目「情報Ⅰ」が必修化)

また、2024年度からは大学入学共通テストでも、「情報」科目が出題される見込みとなっています。

プログラミングは子どもが必須で身につけるべき知識になったことから、教室の需要も伸びていると推測されます。

IT人材の慢性的な不足

IT業界で活躍するプログラマやエンジニアは、国内全体で慢性的に不足しています。今後も需要は伸び、人口そのものは減少することから、今後さらにIT人材は貴重になるでしょう。

プログラミングに関する知識は、エンジニア関連以外の仕事にも必要とされるものです。

金融関連の「FinTech」や、人材サービス関連の「HRTech」など、さまざまな業種でのDXにプログラミングの知識が役立てられています。今後も多くの業種のDXが広がると想定され、幅広いビジネスで求められる力になるでしょう。

このように、IT技術が求められる場面が増えてきたことにより、IT技術者がより求められています。

プログラミング教室で学ぶメリット

ここまで説明したとおり、プログラミング教室の需要は高まってきています。

しかし、プログラミングを学ぶ方法には本やWebサイトなどの手段もあるなかで、なぜ教室が選ばれているのでしょうか。

以下では、プログラミング教室を活用して、プログラミングを学ぶメリットをほかの方法と比較しながら紹介していきます。

市販の本より躓きにくい

市販の本でも網羅的な知識を学ぶことはできます。しかし、疑問点が出てきたときに躓きやすいのがデメリットです。

テキストプログラミングの場合、1文字コードをうち間違えるだけでも動作しなくなります。長いプログラムの中からエラーの原因を見つけなければいけないので、初心者は自己解決が難しいでしょう。

プログラミング教室では、講師に直接質問や相談ができるので挫折しにくいのがメリットと言えます。

Webサイトより網羅的に学べる

プログラミングを学べるWebサイトも多くあります。なかには無料で提供されているものもあり、手軽に勉強を始められるのでとっつきやすいでしょう。

ただし、とくに無料のWebサイトの場合、情報が断片的になっていたり、プログラミングの一部分しか学べなかったりすることもあります。また、どのサイトが有益か、最新かといった見極めをしなければいけません。

その点、プログラミング教室はプロが作ったカリキュラムで学ぶので効率よくスキルが身につきます。

プログラミング教室を選ぶ際の4つのポイント

続けやすい教室を選ぶために、以下4つのポイントを確認しましょう。

  • 対象年齢
  • カリキュラム
  • 卒業生の実績
  • 教室の雰囲気

対象年齢

子どもの場合、年齢によって理解力が大きく異なるので、まずはスクールの対象年齢を確認しましょう。

対象年齢よりも実際の年齢が大きく下回っていると、授業内容や教材の理解が追いつかず、挫折してしまう恐れもあります。

逆にお子さんの年齢よりも低い年齢を対象としているスクールの場合、内容が容易すぎるために、受講に対するモチベーションが下がる可能性があります。

最終的には、お子さん個人の理解力等と照らし合わせてスクールを選ぶことが大切です。

スクールのホームページで提示されている対象年齢を確認しましょう。

カリキュラム

明確なカリキュラムもなく、ゲームに近いものを目標なく繰り返すだけでは、発展的なプログラミングの実力は身につきません。1年2年と時間とコストを消費していくだけではもったいないと感じる保護者の方も多いでしょう。

「プログラミング学習」をするためには、明確なカリキュラムが策定され、その内容も体系立てられていることが重要です。

また長期的に通うことを想定し、お子さんが楽しく取り組めることや、「今何に取り組んでいるのか」「今の学習内容を終えれば、次はどのような内容に取り組むのか」を把握できるところを選びましょう。


卒業生の実績

卒業生の実績を確認すると、スクールに通い続けた結果の到達点が見えてくるでしょう。卒業生の姿を見て、自分のお子さんもそうなってほしいと思える教室を選びましょう。

ホームページの内容チェックのほか、講師に質問したりスクールを体験してみたりして、生徒や卒業生の様子を見ておくことをおすすめします。


授業の雰囲気

教室の雰囲気が合わないと、通うのが苦痛になってしまう可能性があります。実際にスクールに足を運んでみて、お子さんが馴染めそうな教室を選びましょう。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」ならば、無料体験を用意しています。気になる方はぜひ一度、教室の雰囲気を確かめてみてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※プログラミングスクールに通うのは無駄?意識すべきポイントや選び方を紹介

※プログラミングを体験する方法について徹底解説!メリットや選び方など紹介

※プログラミングスクールの選び方のポイントとは?失敗しないための注意点も解説

※【子ども向け】プログラミング教室で学ぶ内容とは?スクール選びのポイントも解説

※プログラミング教室の需要について紹介!人気の理由や選び方のポイントなどの解説も

子どものうちからプログラミングを学ぶなら「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

お子さんに本格的なプログラミング学習を始めさせるなら、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」をご検討ください。

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2,500教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

【本格的な小学生向けプログラミング教室】

プログラミングの基礎30概念

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、小学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、学習が進むにつれプログラミングにおける重要な概念を学ぶことができる設計になっており、論理的に考える力もどんどん鍛えられていきます。

【ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べる】

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

【個別指導で講師のサポート付き】

プログラミングの個別指導の様子

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

【教室数日本一の小学生向けプログラミング教室

全国2,500教室以上もの教室が開校しており、東京・大阪・名古屋といった大都市はもちろん47都道府県全てに展開していますので、お近くの教室がきっと見つかります。

お近くのQUREOプログラミング教室はこちらからお探しください

【無料体験も実施中!】

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

まとめ

プログラミング教室の需要は、大人、子どもともに伸びてきています。

プログラミング教育の必修化や、市場規模の増大、IT人材の慢性的な不足などにより、プログラミングスキルそのものの需要が伸びていることが原因でしょう。

社会に求められるIT人材になるために、プログラミングを学ぶ価値は十分にあると言えます。お子さんの習い事としてプログラミング教室を検討している方は、複数の観点から比較して選ぶのをおすすめします。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」であれば、お子さんでもゲーム感覚で楽しく理解を深められます。全国の教室で実施している無料体験は以下の公式ホームページから申し込めるので、ぜひチェックしてみてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

その他の関連記事はこちら

※【公式】QUREO(キュレオ)プログラミング教室の料金(授業料・月謝)について

※プログラミング教室とロボット教室の違いとは? 特徴やメリットを紹介

※ゲーム好きな子ども必見!ゲームを作りながら学べるプログラミング教室の特徴を紹介

記事一覧へ