BLOG

プログラミングに才能は必要?向いている方の特徴やおすすめの学習方法も解説

プログラミングの注意点とは

社会のIT化が加速する現在、プログラミング学習に興味を持つ方が増えている傾向です。また学校教育でも順次、プログラミング学習が必修化されています。

プログラミングと聞くと難しいイメージがあり、興味はあるものの、「才能がないと習得できないの?」など、悩む方も多いでしょう。

この記事では、プログラミング学習に特別な才能が必要なのか、簡潔に解説します。

また、プログラミングに向いている方、逆に向いていない方の特徴も紹介するため、これからプログラミングを始めようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

【結論】プログラミングに特別な才能は必要ない!

結論、プログラミングに特別な才能は必要ありません。

プログラミングは理系のイメージが強いため、「文系の自分はプログラミングができない」と思う方もいるでしょう。

プログラミングは、習得に時間がかかるため、量をこなす必要はありますが、理系や文系関係なく、勉強すれば誰でもできるようになるものです。

また、2020年度から順次、学校教育でプログラミング学習が必修化され始めています。プログラミングに興味を持って、幼いころからプログラミング教室に通う子どもも少なくありません。

プログラミングは、専門的な知識を身に付けるために、コツコツ積み上げる努力が必要です。才能よりも、努力する強い意志や勉強し続ける忍耐力のほうが重要です。

プログラミングに向いている方の特徴

集中してプログラミングする子供たち

プログラミングに才能は必要ないものの、向き不向きはあります。

そもそもプログラミングに興味を持っていることが大前提であり、ほかにも以下に当てはまる方はプログラミング学習に向いているといえます。

  • 物事にコツコツ取り組める
  • 集中力がある
  • プログラミングを楽しめる
  • ものづくりが好き
  • じっくり物事を考えることが好き
  • 調べることが苦にならない

ここからは、プログラミングに向いている方の特徴を具体的に解説します。

物事にコツコツ取り組める

何よりも大切なのは、プログラミングを学ぶためにコツコツと勉強に取り組めることです。プログラミングは1日や2日で身に付けられるものではありません。

一般的に、プログラミング学習に必要な期間は200〜250時間以上といわれています。つまり、1日1〜2時間コツコツ勉強する場合、習得期間は約6ヶ月以上です。

長い期間勉強し続けるためには、プログラミングを学びたいという意欲を持って学習に励むことが大切です。

集中力がある

プログラミングは、基本的に長時間かけて細かな作業をおこなうことが多いため、集中力がある方はプログラミングに向いています。

実際にプログラムを書くときだけではなく、細かくコードを見ながらエラーを一つずつ探す場面でも、集中力は必要です。

長時間机に向かって作業を続けられる方は、適正があるといえるでしょう。

プログラミングを楽しめる

プログラミングを体験してみたときに、「おもしろい!」と思えた方はプログラミングに向いています。

とくに、学ぶことが多いプログラミングでは、興味を持ち続けられることは重要な要素の一つです。

苦痛を感じながら無理やり学習を続ければ、プログラミング自体を嫌いになってしまうでしょう。

プログラミングを好きになれるかどうかは大きな分かれ道。楽しいと思えるのであれば、ぜひ学習を続けてください。

ものづくりが好き

プログラミングは、さまざまな要素を組み立てながら最終的な完成を目指します。

組み立てる過程はものづくりと通じる部分があり、ものづくりが好きならば楽しく感じるでしょう。例えば、子ども向けのプログラミング学習では、ロボットを組み立てて動作させる教材が使われることもあります。

また、プログラミングとは、たった一つだけの正解があるわけではありません。

どのように機能を構築するか考える発想力も必要であり、ゼロからものを生み出すことが楽しいと思う方に向いています。

じっくり物事を考えることが好き

プログラミングでは、「どのように条件を分岐させたらいいか?」と、論理的に考える必要があります。曖昧な状態ではプログラムは動かないため、明確に動かすための条件を書かなくてはいけません。

すぐに飽きて投げ出さずに、じっくり物事と向き合って考えられる方に向いています。

調べることが苦にならない

調べることが苦にならない方は、プログラミングに向いています。

実際に開発をおこなう場面では、どのように機能を実装するか調べたうえで実行することも多いです。

プログラミングの学習中だけでなく、実際に開発に携わってからも常に調べ続ける必要があります。

普段からネット検索をする方、調べることが日常化している方であれば、意欲的にプログラミング学習に取り組めるでしょう。

プログラミングに向いていない方の特徴

プログラミングは、努力と勉強を重ねることで知識とスキルが身に付くものですが、どうしても向いていない方も存在します。

プログラミングに向いていない方の特徴は、具体的にいうと以下のとおりです。

  • 継続することが苦手
  • デスクワークが苦手
  • 地道な作業が嫌い

ここからは、プログラミングに向いていない方の特徴を詳しく解説します。

継続することが苦手

プログラミングは学ぶことが多く、コツコツと学習を継続していく必要があります。

エラーを修正するために何度も繰り返し動作する場面もあるため、プログラミングをコツコツ学び続けることが苦手な方はいずれ苦になる可能性もあります。

デスクワークが苦手

プログラミングは、基本的にずっと椅子に座ったまま作業をおこないます。子どものころからプログラミングを学び、将来的にプログラミング関係の仕事に就いたとしても、毎日がデスクワークとなるでしょう。

一日中ずっと椅子に座って作業を続けることが苦手な方にとっては、「大変」だと感じる仕事かもしれません。

例えば、飲食店や建設現場のように、身体を動かす仕事に就きたい方には、プログラミングは向いていないといえます。

地道な作業が嫌い

ゲームやアプリを利用していると、一見プログラミングは華やかな業界だと感じることもあるでしょう。

しかし、プログラミングは、地道にエラー箇所を発見し、原因を探して修正する作業の繰り返しです。楽しく華やかなイメージとは裏腹に、プログラミングにおける一つひとつの作業は地味なものです。

コツコツと物事を進めることや、地道な作業が嫌いな方にプログラミングは向いていません。

プログラミングおすすめの学習方法は?

プログラミングをする子ども

プログラミングを学ぶ方法は、大きくわけて独学と通学の2つに分けられます。

どちらで学ぶかによって使用する教材も変わり、具体的には以下のような学習方法があります。

  • コストを抑えたい方は市販の本
  • 気軽に勉強を始めたい方はオンライン教材
  • 効率的に勉強したい方はスクールに通う

ここからは、プログラミングの学習方法について、それぞれのメリットとともに解説します。

コストを抑えたい方は市販の本

書店やインターネット上で市販されている書籍は、2,000〜5,000円程度で購入することができます。まず1冊だけ買ってみるのであれば、低コストで学習が始められる点はメリットの一つです。

ただし、書籍のなかに分からないことが出てきた場合、インターネットで検索したり、誰かに聞いたりするなど、自分の力で解決しなくてはいけません。

書籍を手に入れればすぐに勉強が始められる点は魅力ですが、疑問点の解消に手間と時間がかかる点はデメリットです。疑問点がそのままになって手詰まりすれば、学習へ対する意欲も削がれるかもしれません。

また、プログラミング初学者の場合、何から勉強すれば良いのか分からない方も多いでしょう。プログラミングに関する書籍は数多く出版されているため、そのなかからどれが自分に合うのか見極めることは、なかなか難しいです。

ただし、基本的な情報がまとめて載っている書籍も多いため、ある程度プログラミング学習が進んだ方が「逆引き」として使うのには向いています。

気軽に勉強を始めたい方はオンライン教材

インターネットで情報を検索することは一般的になりつつありますが、プログラミング学習に関するWebサイトも数多くあります。

パソコンやスマートフォンなどのデバイスと、インターネットができる環境さえあれば、今からでもすぐに学習に取り組める点がオンライン教材の魅力です。

Wi-Fiや有線の通信料はかかりますが、Webサイト自体は無料で閲覧できる場合が多いため、多額の費用をかけずに勉強に励めるでしょう。

しかし、そもそもインターネットで検索する能力がなければ、Webサイトを利用したプログラミング学習はおこなえません。

インターネットで検索してWebサイトを探し、そのなかから自分のレベルに合うオンライン教材を見つける必要があるため、検索能力が必須です。

何から学習すれば良いか分からない方にとって、Webサイトを使って自ら勉強に励むことは、やや難しいことかもしれません。

効率的に勉強したい方はスクールに通う

書籍やオンライン教材による独学が難しい方は、プログラミング教室を活用することがおすすめです。

最近は、全国のいたるところでプログラミング教室が開校されており、プログラミング学習が学校で必修化されたことも関係し、子ども向けのプログラミング教室も多くなっています。

ある程度の費用はかかるものの、プログラミング教室に通うことで得られるメリットの方が大きいです。

例えば、学習において分からない点があった場合、その場で講師に質問することができます。一度分からなくなると、プログラミングに対して苦手意識を持つ可能性があるため、その時点で疑問を解消することはとても重要です。

さらに、同じ教室で学ぶ生徒同士でコミュニケーションを取れることもメリットです。同じ志を持って学ぶ生徒の存在は、プログラミングに対する意欲を高めることにも繋がります。

本格的にプログラミング学習に励みたい方は、プログラミング教室の利用も検討してください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室ならゲーム感覚でプログラミングが学べる!

QUREOプログラミング教室

QUREOプログラミング教室の特徴

  • 対象学年:小学生以上(小学2年生以上推奨)
  • 学習方法:個別指導
  • 学習期間:約2~3年
  • 受講形態:通学
  • 教室数:2000教室以上
  • 開講エリア:全国47都道府県、タイ・マレーシア・中国など

 

効率的にプログラミングを学びたい方には、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」への通学がおすすめです。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、IT企業サイバーエージェントグループと、学習塾を運営するスプリックスが共同開発した本格的なプログラミング教室です。

全国2000教室以上もの教室が開校しており、小学生から本格的なプログラミング学習に取り組めます。

大学入試を見据えた本格的なカリキュラムを導入しているため、将来的に大学受験を考えているお子さんには最適なプログラミング教室です。

また、使用する教材にはストーリー性があり、魅力的なキャラクターが登場するなど、ゲーム感覚で楽しみながら学習に励むことができます。

本物のゲームのような教材のため、机に向かっての勉強に苦手意識があるお子さんでも、無理なくプログラミングの基礎知識を身に付けられるでしょう。

さらに、それぞれの理解度に合わせた個別指導が受けられる点も魅力です。

自宅学習でプログラミングを学ぶと躓いて挫折しがちですが、「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」に通えば、疑問点はその場で講師に質問することができます。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」では、無料体験をおこなっています。

「気になるけど受講しようか迷っている」「授業風景を見てみたい」という方は、無料体験を利用して実際の教室の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」の詳細は、以下の公式ホームページを参考にしてください。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

※QUREOプログラミング教室の無料体験の流れについてはこちらをご覧ください

プログラミングに特別な才能はいらない!今すぐ勉強を始めよう

プログラミングに特別な才能は必要ありません。勉強と努力を重ねることで、プログラミングの知識を身につけることができます。

何よりも大切なのは、「プログラミングを学びたい!」という意欲です。子どものころからプログラミング学習に取り組むことで、IT業界への興味がわく可能性があるうえに、ICT機器の扱いにも慣れるでしょう。

ただし、性格的な向き不向きはあるため、きちんと学習を続けられるのか、事前に検討することをおすすめします。

書籍やオンライン教材で独学することも立派な学習方法ですが、挫折を避けるために、プログラミング教室を活用することも検討してはいかがでしょうか。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」のように、楽しみながらプログラミングの知識が培える教室であれば、意欲を持ったまま学習に励むことができるでしょう。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の詳細はこちら

プログラミングに関するその他の記事もご覧ください

他にも、プログラミングに関する役立つ記事を公開しております!

プログラミングに関するその他の記事もご覧ください

他にも、プログラミングに関する役立つ記事を公開しております!

【小学生・子供のプログラミング教育に関する記事】

【プログラミングとは?初心者向け記事】

記事一覧へ